中間層底上げで経済再生 子どもの貧困・格差是正

お金持ちだけが優遇される不公平な世の中ではなく、教育とチャンスが平等にあり、努力が報われる国でなくてはなりません。現在、働く人の4割以上が非正規雇用、日本人の6人に1人が相対的貧困であり、ひとり親家庭の半分以上(54.6%)で子どもの貧困が急増しています。

行き過ぎた金融資本主義の是正、保育士や介護士などの低賃金引き上げ策を含め、ゆたかな中間層を底上げすることが、国力低下の原因となる人口減少の歯止めにもつながります。

中古住宅市場活性策などの需要創出型の経済成長により、地域に雇用と活力を生み、ボトムアップによる強い日本経済をつくります。